2006年04月12日

おしつけ

oshitsuke.jpg

更新もしないブログを見てくださっててうれしかったので、時々は書きましょうと、今日は料理ネタです。

新鮮なわけぎをいただきました。
昨日は納豆が格別おいしかったので、やっぱり酢みそがいいなって魚屋へ。
あおやぎがなかったので、おしつけを買ってきました。
義母はよくおしつけを酢でしめて、酢の物に使ってました。
私はあまりなじみがないので、ネットで検索してみたんです。
「おしつけ」とはそんなにポピュラーな魚じゃなかったみたい。
愛情の押し付けとか、こどもを押し付けておいて、なんてそんなのばかりひっかかって肝心のものは出てきません。

「おしつけ」は「アブラボーズ」という魚らしいです。
切り身でしか見たことがないけど、大きな魚らしい。

夫は時々無人販売所で新鮮な野菜を買ってきます。
今おいしいのは新たまねぎですね。
毎日スライスして食べてます。
血液さらさらになってるかも〜

posted by えり at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えりさん、ステッチidee買ってきましたとも〜

おしつけって九州ではなかったですね。
こっちにきて知った名前です。
Posted by そのわん at 2006年04月13日 09:58
そのわんさ〜ん、ステッチideeお買い上げですね〜
うれしいな、って私が言うことでもないんですけどね。

そしてそうなんですよね。
おしつけって私もこっちに来てから初めて知りました。
これから酢の物がおいしく感じる季節ですよね。
Posted by えり at 2006年04月13日 15:43
bonjour! ステッチbookご覧になったんですね!私はまだ...
そしてステッチideesも出たんですね!これまたもちろん見ていなくて。ぜひ見てみたいです。そして なにより罪作りな日本のお料理!すごく、すごく美味しそうです。あー、食べたい!なんだかとっても日本へ帰りたくなりました。ではまた!
Posted by aki at 2006年04月13日 18:22
akiさん、ボンソワー。
ステッチbook、まだお手元に届いてないんですね。
素敵でした〜
akiさんのがいっぱいあるのに、もう少しで届くかもしれませんね。

パリの市場にはエシャロットはあってもわけぎは出てこないでしょうね。
そして、やっぱり食べ物が一番故郷を思い出させるのかもしれませんね。
もうちょっと写真がきれいに撮れてたらよかったんですが、早く食べたかったから〜(笑)
Posted by えり at 2006年04月13日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
-
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。