2004年08月04日

夏の読書?

西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ

夏はやっぱり児童文学がいいですね、というわけでこの本です。
学校へ行かないまいは、ひと夏をおばあちゃんのうちで過ごす。そこでまいはおばあちゃんの庭仕事、台所仕事を手伝いながら成長していく。
わたしは、このおばあちゃんがターシャ・チューダーさんと重なって仕方がなかった。おばあちゃんは田舎で自給自足の生活をしている。英国人だし、絵柄としても違和感ないのでなおさらターシャさんだ。
でも、おばあちゃんは西の魔女だし、まいはその能力をうけついでるし、山奥だし、というわけで宮崎駿監督の世界をイメージしながら読んでしまった。アニメ映画だったら、もう少し事件的なものが欲しいな。悪い精霊と戦うとか、、、
わたしはこのおばあちゃんのような生活をしてみたい。
最小限のものを慈しみながら暮らしていく。
野菜や花、ハーブを育て、鶏を飼い、パンを焼き、、、針仕事をする。
2階の棚には、きちんと折りたたまれたリネンが重ねられているんです。
きっとラベンダーの香りがするんだろうな。
夏だから白昼夢をみてしまった、、、


posted by えり at 11:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梨木香歩さん好きです〜。
景色が目に浮かんでくる描写、うん、白昼夢むき♪
わりと最近でた「家守奇譚」も夏向きかも。
Posted by tomoneko at 2004年08月05日 15:27
tomonekoさん、梨木さんの小説、読んでると絵が浮かぶようだよね。女の子が主人公だと、がんばれえって応援したくなるし。
「家守奇譚」も今度本屋さんで探してこよう。
Posted by えり at 2004年08月05日 20:31
私も梨木香歩さん好きです〜。
「西の魔女」の周囲の自然とともにある普段の生活風景にはうっとりでした。
「家守奇譚」も大好きです。
今は、その中に出てくる村田氏が主人公の「村田エフェンディ滞土録」を読書中です。
これもなかなかよいです♪
Posted by いまむる at 2004年08月11日 18:06
いまむるさん、やっぱり梨木さんお好きでしたね〜
「西の魔女」読んでると、こういう生活がしたいんじゃって思うよね〜実際は蚊やぶよに刺されるから夏は外に出れないんですが、、、
「家守奇譚」おもしろいですね。今読んでるとこ。夏向きだしね。
「村田エフェンディ滞土録」も梨木さんなんですね。また探しに行ってきます。
ムフフ、今日は小出由紀子事務所に行ってきましたよ〜
その話はまた後日、NOTEBOOKで。ってここですが。
Posted by えり at 2004年08月11日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
-
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。